2006年01月22日

再振替仕訳とは何か(3)

再振替仕訳とは、「決算整理で行われた経過勘定項目設定時の翌期首における逆仕訳」を意味します。
「収支」と「損益」とでは決算整理を行う前の段階で違いがあります。
その「収支」を「損益」に修正するために決算段階で登場するのが、経過勘定項目です。
伝統的な期間損益計算は、基本的には、「収支」を「損益」に変換する形で行われていますが、実際の経過勘定項目は、もう少し狭い範囲のものです。
より具体的に経過勘定項目を規定しているのが企業会計原則の注解5になります。

企業会計原則の注解5におけるもっとも大きな前提が、「継続的な役務提供契約」に係るものである点です。
継続的な役務提供契約であるからこそ、経過勘定項目の設定時にも期間按分(通常の問題では、月数按分)が合理性を持ちます。
単発的な役務提供契約や資産の売買(契約)については、そもそも注解5の対象とはなりません。

今、支出取引に限定して、少し考えてみましょう。

○○○××× 現金預金×××

借方側(支出)のみで考えてみると、費用(ないしは資産)が生ずる可能性があるのは、資産の購入か、役務の提供でしょう(両者の混在も考えられます)。
注解5では、このうち役務の提供しか対象にしていないことになります。
また、役務の提供には、一回こっきりというものもあれば、継続的なものもあります。
注解5は、このうち継続的な役務の提供を対象としている訳です。

注解5ではもう一つの大きなキーワードがあります。
それが、「時の経過」という点です。
「時の経過」とともに次期以降の費用となるのが前払費用です。

このような意味での費用(収益)の認識基準は、時に「時間基準」と呼ばれることもあります。
最も発生主義らしい発生主義でもあり、「狭義の発生主義」と呼んでもよいでしょう。

再振替仕訳とは何か(4)へ


posted by 講師 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 再振替仕訳とは何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。