2005年12月29日

手形割引の会計処理(2)

手形割引とは、他人から受け取った手形(手形債権)を銀行等に持ち込んで、現金化することをいいます。
手形には、期日(満期)がありますので、銀行は、ただでは換金してくれません。
割引料と呼ばれる手数料(のようなもの)をとります。
割引料は、手形の満期までの期間に応じて、利率をかけて算出されます。
この場合の利率は、その手形割引を行う者ごとに異なりますので、銀行は、この割引料を純粋な利息としてとっているといってよいでしょう。

さてさて、この手形割引がいったいどういう取引なのかについては、二つの考え方があるようです。
一つは、手形(手形債権)を銀行に売ったとする考え方です。
便宜上、「売買説」と呼んでおきましょう。
もう一つは、銀行から手形を担保にして資金を借りたという考え方です。
こちらは、「金融説」と呼んでおきます。

おおまかには、法律的(形式的)な立場からは、売買説が正しいとされる場合が多いようです。
ただし、経済的(実質的)には、金融説が妥当するといってもよいでしょう。
つまりは、結構、微妙です。

微妙な話はひとまずおいておいて、「売買説」及び「金融説」の会計処理を示しておきましょう。
額面100円の手形を90円で割引いた例です。

売買説:
(借)現金預金 90 (貸)受取手形100
   手形売却損10

金融説:
(借)現金預金 90 (貸)借入金100
   支払利息 10
または、
(借)現金預金 90 (貸)借入金90

金融説における支払利息は、経過勘定項目ということになりますので、決算を経れば、金融説の二つの処理の結果は、一緒になります。

手形割引の会計処理(3)へ
posted by 講師 at 02:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 手形割引の会計処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

担保
Excerpt: 担保担保(たんぽ)とは、借金や融資を受ける際に、その支払いを保証するための対象。またその仕組み。債務の支払い(返済)が困難になった際は、担保を債権者に引き渡し、または強制執行手続きにより差押え・換価・..
Weblog: 法用語辞典100
Tracked: 2006-01-02 23:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。